〜移住のための良い本あります〜
出版物のご案内

新・北海道移住!

この本の購入方法。

「新・北海道移住!」

四六約250ページ
佐藤 圭樹
北海道新聞社発行
1,365円(税込)

 “移住”を考えるにあたって、実用的に役立つ内容を満載。著者は、自身も移住者で小樽在住で、1998〜1999年にかけて「かわらばん」に、「来たけりゃおいでよ北海道」というテーマでエッセイを連載していました佐藤圭樹氏。生活面での具体的な情報を著者の体験も踏まえ、かなり詳細かつ具体的に網羅しています。本州の人には大いに気になる冬の暮らしに関しても、ページを多く取ってます。北海道が好きな人、住みたくて悩んでいる人、すでに移住を決めた人……にぜひ読んでいただきたい一冊です。

北海道に移り住む・平成の屯田兵からの手紙の表紙

▲ この本は完売いたしました。

北海道に移り住む・平成の屯田兵からの手紙

A6208ページ
私設 北海道開拓使の会
北海道新聞社発行
1,500円(税込)

 これは私設北海道開拓使の会事務局に寄せられた移住者のメッセージを集めた本です。「移住者からのメッセージ」19通、「移住希望者の声」42通、「先輩からの応援メッセージ」6通とボリュームもバッチリ。北海道に移住した人、または移住を希望している人のナマの声を集めましたので、とてもリアリティーあふれる内容になっています。さらに、“百年遅れの屯田兵”の皆さんのアンケートから、年齢・経歴・希望居住地などを分析した「移住者希望者の分析」、そして、事務局の裏話を盛り込んだ「私設北海道開拓使の会事務局日誌」もあります。上記の「北の大地に移り住む」と併せて読んでいただくと、移住がより身近で現実的なものになる事うけあいです。


北に夢あり・当世移住者物語の表紙

▲ この本は完売いたしました。

北に夢あり・当世移住者物語

A5160ページ
私設 北海道開拓使の会協力
北海道新聞社発行
1,800円(税別)

 移住に関する書籍、第3弾です。
 この本は2部構成になっていまして、まず、第1部は、北海道新聞社から発行の月刊誌「道新TODAY」の人気連載から32組の北海道移住者の姿を収録。北の大自然をバックにした数々の写真も見応え充分です。
 第2部は私設北海道開拓使の会が担当。会の成り立ちや現在の活動などをまとめたものと、既に移住してきた道内在住の“新参どさんこ”6人による座談会です。座談会では、移住者が住んでみて感じた「北の大地の住み心地」について、北海道の良いところも悪いところも隠さず正直に語ったもので、少々辛口の内容になっているでしょうか。
 「北の大地に移り住む」「北海道に移り住む」に加えて、この本も移住者の生の声が聞けるいいチャンス。きっと北海道移住がより身近に感じられることでしょう。

北の大地に移り住む・札幌小樽編の表紙

▲ この本は完売いたしました。

北の大地に移り住む・札幌小樽編

A4160ページ(うちカラー107ページ)
私設 北海道開拓使の会
TBSブリタニカ発行
2,000円(税込)

 この本は北海道に移住してきた先輩達の本音の体験談の他、冬の生活のアドバイスや、移住の失敗例、移住者が感じた北海道の欠点など、みなさんが移住する前に知っておいたほうが良い情報をちょっと辛口な内容も含めてまとめてあります。移住に際して北海道のいいところも悪いところも正直に伝え、失敗しない移住をしていただくための、いわば、『完全移住マニュアル』。さらに、この本の執筆者19人中16人がUターン組。まさに、移住者による移住者のための本と言えます。

 

『ご案内』ページに戻る