新年ご挨拶

皆様、新年明けましておめでとうございます。

私の祖父は明治30年代後半、15歳で福岡の家を飛び出し、単身、北前船で北海道に来た家出少年でした。日本が日清、日露戦争を戦って外の世界に向かって羽ばたいていこうとしていた明治時代の熱い情熱を感じます。

私自身は北海道に移住した初代の人間ではありませんが、新天地を求めて自分の可能性を探そうとする気持ちは強く持っています。北海道が好きで新しいことに挑戦するスピリット。これこそが開拓使の会の基盤です。新しい環境に身を置いて自分に挑戦している方々のお役に立ちたいと思います。

情報の共有、思いの共有が仲間を作ります。その人の体験を聞き、思いを共有すること、そして自らの体験や思いが合わさった時、仲間意識が生まれます。そのためには語り合いの場が必要です。今はSNS全盛の時代です。「かわらばん」や「開拓チャレンジTV」そしてFacebookを活用して情報発信します。しかしそれだけでは十分ではありません。やはりリアルな語り合いの場も大変重要です。リアルとネットを合わせた語り合いの場を作りだすことが私の役割だと思っています。
皆様のご協力をお願いいたします。

令和4年が皆様にとってご多幸な1年でありますことをお祈りいたします。
令和4年 元旦

NPO法人 私設 北海道開拓使の会 理事長 中村 真規