北海道・1枚(?)の写真
『YOSAKOIソーラン祭り2001』


大道芸人風の『祭響スコブル』 地方車に先導されたパレード踊り
仙台から参加し入賞した『みちのくYOSAKOI連KOI・KOI』 地方車の上で、ライブ・パフォーマンスも
学生の手作りチーム『札幌大学 La Fete』 今年から始まったワオドリ ソーラン会場
大通公園西八丁目会場のメーン・ステージ 市内各会場への移動は地下鉄で!


北海道の初夏の訪れを告げるイベント ”YOSAKOIソーラン祭り”。今年、丁度第10回目を迎えたYOSAKOIソーラン祭りは、過去最多の408チームが参加し、道内187市町村、道外32都府県から約41,000人の踊り子が集まり、6月6日〜10日の5日間、大通り公園を中心に、札幌市内32会場で熱い演舞を繰り広げられました。

 祭り期間中の見物客は、昨年より188,000人多い、過去最高の201万3000人を記録し、初めて200万人の大台に乗って、名実ともに札幌雪まつりと並ぶ札幌市の二大観光行事の位置を確立しました。
 YOSAKOIソーラン祭り組織委員会は、この祭りの経済効果を前年比1500万円増の206億4500万円と発表しています。

 また、6月16日、17日に今年6月2日にオープンしたばかりの札幌ドームのオープニング・イベントとして第10回開催を記念したイベントが行なわれ、その様子は6月17日、NHK BS放送の2時間番組として全国に放送されました。そして、すでにご覧になった方はお分かりのように、この番組の解説者として私設北海道開拓使の会の石黒理事長が出演されています。NHKハイビジョン放送で24日(日)16:15から再放送される予定ですので、見逃した方は、是非ご覧になって下さい。

(写真と文: T.K)


『一枚の写真』メニュー・ページに戻る