《私設北海道開拓使の会》の新しい移住本、好評発売中!



 北海道開拓使の会会員、及び当ホームページをご覧になっている皆様、お待たせ致しました。
 皆様のアンケート協力も得て作製した新しい移住の本が、2004年3月17日(水)に全国発売されました!

 1990年代、立て続けに3冊の本を世に送ってきた「開拓使の会」でしたが、「北に夢あり・当世移住者物語」(1997年刊)を最後に沈黙…。
 だがNPO法人化し21世紀に突入、設立10周年を迎える「開拓使の会」が臥薪嘗胆・乾坤一擲…
その本のタイトルはズバリ、「新・北海道移住!」

 出版社は北海道新聞社、本の体裁は四六判(128×188mm)約250ページ、定価1365円(税込)。全国の一般書店やインターネット書店で入手可能で、すでに、紀伊国屋書店有隣堂三省堂書店等に並んでいます。

 3月22日の北海道新聞夕刊にも紹介されましたが、まだ取り寄せになる場合も多いかと思いますので、事務局でも注文を受け付けます。事務局取り扱い分については、送料無料で、定価1365円(税込)のみで販売しますので、当ホームページの「出版物の購入方法コーナー」で申し込むか、事務局宛てFAX、MAIL、ハガキ等でお申込下さい。

 著者は、自身も移住者で小樽在住の編集者、佐藤圭樹氏。 氏は1998〜1999年にかけて「かわらばん」表4に、「来たけりゃおいでよ北海道」というテーマでエッセイを連載していましたので、会員の中にはご存知の方も多いのでは。

 著者名と共に「協力/NPO法人私設北海道開拓使の会」というクレジットが入ります。
 本にかかる帯のコピーが、この本の特長をひとことで表しています。
 「北海道暮らしは夢なんかじゃない!」

 なお、本の内容、著者よりの一言は こちらをご覧下さい。